カレインLIFE

様々な美容成分について気になる情報を収集してます

コラーゲンを摂取したときの吸収率

コラーゲンは口で摂取したときと、肌に付けた場合には効果が異なります。
口から摂取する方法はドリンク、サプリメントなどがあります。食べ物としては、すっぽん鍋があります。すっぽん鍋は割烹料理の定番で日本料理です。

コラーゲンはどのようにして体内に吸収させる方法がいいの?

肌につけるコラーゲンはジェル化粧水やコラーゲン補強に効果が高い商品などがあります。数多く商品が存在しているのです。口から摂取することは、とても大事なことです。
他の栄養素を摂取するときも同じです。やはり、一番良い方法は経口摂取になっているのです。胃と小腸でアミノ酸になります。そしてアミノ酸はペプチドに分解されます。小腸から吸収されて細胞に運ばれるのです。
摂取したものが全て肌にいき届くことはありえないことです。また、アミノ酸やペプチドも体内の中で優れる材料となることはないのです。

例えばヒドロキシプロリンです。これもアミノ酸一種です。変性ているから材料ではないのです。このようなことを考えてみると、摂取をしたとしても効果が期待できないのかということが気になってしまいます。
けれども、最近はヒドロキシプロリンを含んでいるペプチドに細胞の活性化柵用があるという結果が出てきています。研究結果が良くなっているのです。
経口摂取では、まだまだ分からないことはたくさんあります。そして、化粧品や肌などから吸収される方法もあります。肌から吸収することが出来るサイズは決まっています。
なので、たくさん摂取したいからと言って、一度にたくさんの量を吸収させるということは出来ないのです。吸収させることが出来る分子の量は500程度となっています。
肌から吸収させたい場合には吸収させることができる分子量を確認することが大切になります。