カレインLIFE

様々な美容成分について気になる情報を収集してます

子供でも飲めるほど飲みやすくなった青汁

イメージを裏切って飲みやすくなった青汁

苦くておいしくないけど、栄養はあるというイメージがあった青汁ですが、もはやそのイメージは完全に過去のものとなりました。
口コミの青汁のイメージは相変わらず苦い、まずい、というものですが、最近は本当に飲みやすくなっているのです。
青汁の成分はケールや大麦若葉といった普段食べることが少ない野菜が多く、普通に食べるより栄養を吸収しやすい方法で作られています。
以前、家庭科の授業で印象に残った話なのですが、同じ栄養価の食べ物でも、食べる本人が「おいしい」と思って食べた方がより栄養になるという説があるそうです。
こちらのサイトでも同じ説が紹介されているので、現代のおいしくなった青汁はまさにこの説に通じていると思います。

さらにおいしくなった青汁

つい最近スーパーに買い物に行った際、試飲で勧められましたが、抹茶ジュースのような風味でとても感動しました。
昔感じていた「野菜の汁」といった印象はどこにもなく、これならば小さなお子さんでも気軽に飲むことができます。
栄養は大事なことですが、もっと大事なことは、「おいしく長く続けることができるか」です。
飲みやすさを追求したメーカーの企業努力には本当に頭が下がる思いです。

野菜嫌いな子供たちでも飲める青汁が出来ています

野菜嫌いな子供は今も昔も多いです。
野菜独特の苦みがどうしても苦手というその気持ちは、大人の私でもよくわかります。
青汁のコマーシャルを見ていると、いかに栄養豊富であるかはよくわかりますし、同じ量の栄養を野菜で採ろうと思えば、ものすごい量を食べなければいけません。
昔の青汁のイメージから、たったコップ1杯でも飲むのをためらいがちですが、実は現在、メーカーの企業努力の積み重ねで、現在はとても飲みやすくなっています。

成分や栄養価は同じでも飲みやすさがぜんぜん違います

ケールをはじめとする原材料は昔と同じなのですが、他の野菜の組み合わせを工夫し、栄養価も昔のものよりさらに充実したものになっています。
昔の味を知っているからこそ、現在の味を作り上げたメーカーには本当に頭が下がる思いです。いくら栄養があってもおいしくなければ続けて飲んではもらえません。
今の味ならば、子供も喜んで飲んでくれますし、鮮やかなグリーンの色を生かして料理にも使えます。
今後も青汁には期待しています。